■血管性認知症(CVD)

概要

  • 脳梗塞や脳出血などによって発症する認知症です。
  • 脳の場所や障害の程度によって、症状が異なるため、できることとできないことが比較的はっきりとわかれています。
  • 手足の麻痺などの神経症状が起きることがあります。
  • 年齢は60~70歳代に多く、男性に多い傾向があります。有病率は約100人に2人

原因

脳の血管が詰まる「脳梗塞」や血管が破れる「脳出血」など脳血管に障害が起きると、その周りの神経細胞がダメージを受けます。

症状

認知機能障害

障害される能力と残っている能力があります。(まだら認知症)
判断力や記憶は比較的保たれており、「せん妄」が起きで突然認知機能が悪化することがあります。

BPSD(行動・心理症状)

意欲や自発性がなくなったり落ち込んだりすることがあります。
感情の起伏が激しくなり、些細なきっかけで泣いたり興奮することがあります。

身体面の症状

脳血管障害によって、手足に麻痺や感覚の障害など神経症状が現れることがあります。
ダメージを受けた場所によっては言語障害などが出る場合もあります。

治療法

一度失われた神経細胞はもとに戻すことはできません。
脳の血管がさらに詰まったり、破れたりして、新たな脳の神経細胞が失われないように、血圧をコントロールしたり、糖尿病や脂質異常症をきちんと治療することが最も大切です。